スポンサーリンク
転職・就職活動

無職の人ほど健康は大切です

会社を辞めて次の仕事を探そうとしているとき、あるいは自分で商売をしようとしているとき。どちらの人にも共通する大切な事があります。なんだと思いますか?お金?もちろんそうです。でも、もっと大切な事があります。一番大切なのは「健康」です。病気にな...
社会保障

任意継続の手続き

会社を退職したらまず最初にやることは健康保険の切り替えです。あなたが健康保険組合の任意継続決めているなら真っ先にに手続きをはじめないといけません。 なぜなら、退職日(健康保険の資格を失った日)から20日以内に手続きをしないと受け付けてくれな...
社会保障

失業保険の手続き:求職活動実績とは

失業保険をもらうためにはハローワークで認定を受ける必要があります。認定とは失業中で求職活動中ですという事を認めてもらうことです。 認定日に何をするかについてはこちらで説明しました。参考記事:失業保険の手続き:認定日認定してもらうために一番重...
社会保障

失業保険の手続き:認定日

失業保険を受け取るためには、失業して求職活動をしているという事をハローワークに認めてもらわないといけません。認めてもらう日を認定日といいます。通常は4週間ごとに認定日がやってきます。なので、月によってはひと月に2回認定日が来ることもあります...
社会保障

失業保険の手続き:雇用保険説明会は重要です

ハローワークで失業保険を受け取るために手続きを行うと、7日間の待機(土日祝は含めない)のあと再び来るように言われます。参考記事:失業保険の手続き:必要なもの「雇用保険説明会」に来るように言われるのです。ちなみにこの待機期間の間に就職先が決ま...
社会保障

失業保険の手続き:必要なもの

失業保険を受け取るためには、どのような手続きをすればいいのでしょう。手続きをするためにはハローワークに行かなければなりません。でも、その前に準備するものがあります。失業保険の手続きに必要なもの  絶対必要なのは離職票です。でも他にも準備しな...
社会保障

失業保険(雇用保険)をもらう条件

失業したり退職(両方を含めて離職といいます)したら、 失業保険を受け取りたいですよね。ちなみに失業保険と雇用保険は同じ意味に使われることが多いのですが、 本来、失業保険は雇用保険の一部である基本手当ての事を意味します。 ここでは一般になじみ...
退職方法

任意継続の注意点

健康保険組合の任意継続をすると、国民健康保険(国保)よりも保険料が安くなる事はお話しました。 参考記事:任意継続はどうして得なのか 任意継続をする場合には注意しなければならないことはあります。 今回はそれをお話します。   任意継...
退職方法

任意継続はどうして得なのか

健康保険に入るか入らないかは退職前に決めておいたほうがよいという話をしましたね。参考記事:国民健康保険に入るか退職日までに決める今回は健康保険組合の任意継続をした場合のメリットについてお話します。  任意継続のメリット  会社の在籍時に入っ...
退職方法

国民健康保険に入るか退職日までに決める

会社を辞める前にしておいたこと。 健康保険についてお話します。 会社に勤めている場合は、会社の加入する健康保険組合に入っているので貴方はなにもする必要はありませんでした。(扶養者の手続きはしなければなりませんが) 会社を辞めて、無職あるいは...
社会保障

失業保険には離職票が必要

会社で退職を決めたら手続きがあります。 このとき大事なものの一つに離職票があります。 離職票は失業保険が欲しい人にとって絶対必要です。 失業保険の必要ない人は、離職票をもらう必要はありません。 離職票ってなに?   離職票...
スポンサーリンク