PS4Proは何が凄い?PS4持ってる人は変える必要ある?

ps4pro

ソニーからPlayStation 4 Pro ジェット・ブラック が発売になりますね。

いったいPS4と何が違うんでしょうか?
詳細なスペックは公式サイトに発表されてます。
 →ソニー PS4公式サイト

これまでに発表された情報からPS4Proがどんなマシンなのか
どんな人に向いてるのか考えてみました。

さらに9月に発売になるPS4スリム型も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

PS4Pro(CUH-7000BB01)はここが変わった

CPUが高速になった

PS4PROのCPUは「86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores」。
これだけ見ると、従来のPS4と変わりません。
でも、クロック周波数が上がってるんですね。

従来機は1.6GHzで駆動しますが、PROは2.1GHz。

単純には比較できませんが、CPUはクロック数が上がると処理速度はほぼ比例して速くなります。

つまり1.3倍速くなってるということです。

GPU処理能力が倍になった

グラフィックデーターを処理するGPUはゲームマシンの命ともいえます。

ソニーの発表では

4.20 TFLOPS, AMD Radeon™ based graphics engine

となってます。従来のPS4は1.84 TFLOPSでした。
つまりグラフィックの処理速度が2.28倍になったんですね。

最近のゲームの画像はますます緻密になってます。重い画像データもこれまで以上にスムースに処理できそうですね。

メモリ性能も高速化

メモリ容量は8GBと変わりません。
でも、処理速度がアップしてるんですね。
従来のPS4は5.5GHz。
でもPS4PROは6.8GHz。
1.24倍になってます。

コンピューター性能の2割アップというのは、データーが少ないと体感的にはあんまりわからないですが。大量のデーターを使うゲームでは差がでてくるかもしれませんね。

細かいマイナーチェンジはまだあります

グラフィック機能の強化以外にも周辺部分も細かくマイナーチェンジされてます。

4Kに対応

映像関係のインターフェースではHDMI出力が4K/HDR出力対応になりました。
4Kテレビを持ってる人はさらに高密度のグラフィックが楽しめます。

無線LANが高速化

無線LAN機能は従来機はIEEE 802.11n(2.4GHz)でしたが、
PS4PROではIEEE 802.11ac(5GHz)になりました。

Bluetooth

従来機はBluetooth 2.1(EDR)でした。
PS4PROではBluetooth 4.0対応になりました。

ハードディスク

ハードディスク容量は1TB。
従来機は500GBでした。
しかし従来機もマイナーチェンジされて1TBモデルも出たので。
Proだけの特徴というわけではありません。

CUH-2000BB01はコンパクトにになったPS4

Proが発売されましたが、従来型のPS4はなくなるのかというとそうじゃありません。
9月15日に発売になるCUH-2000シリーズは。
性能的には従来のPS4と同じです。
4K対応はありません
でも無線通信の機能は強化されました。Proと同様にIEEE 802.11ac(5GHz)とBluetooth 4.0に対応になりました。

ハードディスクは1TBモデルと500GBモデルがあります。

PS4とProのすみわけはどうなる?

これだけ性能がアップしたPS4PROですが。
PS4とのすみわけはどうなるんでしょうか。

実は。PS4Pro専用のゲームは出ないらしいのです。
メーカーとしてはあくまでも従来のPS4でも遊べるゲームを出すらしいです。
現実問題として、フルHDから4Kになると画像データーは4倍になります。
でもProのGPU能力は2.28倍。4K画像を目いっぱい楽しめるわけじゃないんですね。

ただ、4Kの能力を目いっぱい使わなくても、フルHD(1920×1080)よりは解像度の高いグラフィックは可能です。

2560×1140ドットや2840×1600ドットならデーター量も2.2倍以内に収まります。このくらいのデーターなら現実的にProでも処理可能なんじゃないでしょうか。
もしかすると将来的にはフルHDより高精細なゲームも出てくるかもしれません。
従来型PS4のユーザーや4KテレビのないユーザーにはフルHD画面で表示して。
Proと4Kテレビを持ってるユーザーにはより詳細な画面が楽しめる。ということになりそうですね。

まとめ・PS4Proが必要なユーザーはこんな人

PS4もPS4Proも同じソフトが楽しめます。
すでにPS4を持ってる人はあえて買う必要はないかもしれません。
こんな人ならProを買う価値はあるかもしれませんよ。

・4Kテレビで精密な画面のPS4ゲームを楽しみたい。
・今のPS4のゲームが重くて不満。

これからPS4を買う人も4KテレビがないならあえてProを買う必要はないかもしれません。値段が1万5千円も違うのです。HDテレビならスリムでも十分かもしれませんね。

amazonでの値段はこのようになってます。

PS4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01) \55,580 

PS4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01) \37,778

PS4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01) \32,378

PS4Pro(CUH-7000)は2016年11月10日発売。
スリム型PS4(CUH-2000)は2016年9月15日発売です。

あとは財政事情との相談になりそうですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする