キャノンプリンターのエラー6c10を出なくする方法

6C10

キヤノンのインクジェットプリンターを使ってると

”6C10”というエラーが出ます。

とりあえず復旧したのでメモを残しておきます。

僕の機種はMP560。2009年製造です。

もう7年使ってる。故障してもおかしくはありません。

数日前から、起動時にエラーが出たりすることはありました。
そのときは何度か電源を入れなおすと元に戻ったり。
次の日になると使えるようになりました。

でも、遂に。印刷できなくなりました。

起動時に問題なくても、印刷しようとするとオレンジランプが点滅してエラー6c10が出ます。

キャノン エラー

「ついに出ちゃったよ~」

こうなると印刷できません。

この6c10は。機械的なトラブルで修理が必要というメッセージ。
キャノン製プリンターにとっては、死の宣告のようなものです。

でも、修理に出すと1万円近く必要となります。

新製品は安いものは1万円台から2万円程度で買えます。
だから、ほとんどの人は修理に出さずに新しいものを買うと思います。

うちのMP560も7年使ってるので。そろそろ買い換えてもいいんですが。
だめもとで復旧するのか挑戦してみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

6C10はキヤノンプリンター死の宣告

6c10というのはプリンター本体側のトラブル。

廃インクを受ける場所が詰まってるか、もれてるのだと聞いたことがあります。
それを治すには分解しないといけません。

インクヘッドを洗浄してる人も多いですね。
エラー6C10はインクヘッドのエラーではないので、
解決にはらならないはずですが。
それで直ったと信じてる人もいるようです。
6c10は何度か電源入れたり、時間がたつと使える時もあるので。そのせいかもしれません。

確かにエラーの種類によってはヘッドの洗浄ででなくなることもあります。
インクつまりの時は洗浄で治りました。でも6C10は治りません。
ヘッドを水洗いするのと壊すこともあります。やるときは壊れてもいいくらいのつもりでやってください。

今回はとりあえずセーフモードで復旧させる方法が見つかったので試して見ました。

6C10復旧方法

その方法はこうです。

・一度プリンターの電源を切る。

・電源ボタンとストップボタンを同時に押す。
・5秒待つ。

・電源ボタンをおしたまま、ストップボタンをはなす。
・ストップボタンをゆっくり2回押す。

・オレンジのランプが点灯する。

・service モードに入る。

・ide と表示される。

オレンジの光が点滅する。

オレンジ光の点滅が止まるのを待つ。

・動きが止まるのを待つ。

・もう一度電源ボタンを押して、電源をおとす。

これで再び電電を入れます。

すると、印刷できるようになりました。

この方法は本体をリセットする方法。
とりあえずエラーは出なくなったよ」というだけです。

根本的な解決にはなってないです。
ノズルのクリーニングをするとかなりの確率で再発します。

治そうすると分解して中を掃除しないといけません。
難しいのでやめておきます。
失敗したら本当にガラクタです。

でも、トラブルの元がなくなったわけではないのでいずれ使えなくなる日は来るでしょう。

できればメンテナンスやりやすいようにできてるといいんですが。
仕事では会社のプリンターをあちこちバラしてメンテナンスしてました。
高価な業務用はメンテナンスできるように作られてます。
もちろん、それなりの技術はいりますが機械が専門でない僕でもできました。

でも、家庭用は安さ優先。徹底的にコストダウンされてます。
安くしないと売れないからです。

しかも素人がインクジェットプリンターのメンテナンスするのは難しいかもしれませんね。マニアでない限りは家庭用をメンテナンスする人はいないと思うし。
安くするため徹底的にコストダウンされてるので仕方ないんでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする