サカイで引越ししてみた感想

引越しはなにかと費用がかかります。
手間もかかります。

ちょっとした手間と工夫で引越し費用を安くできます。


最終的に引越し業者をサカイに決めて引越しをしました。
その感想を書きます。

 

サカイに決めるまで

 

僕は家族二人暮らしで、
賃貸マンションが狭くなったので一戸建てに引越ししました。

そのときの荷物は。
ダンボール箱60個。
4トントラック一台。
同じ都道府県内の引越しでした。

個別に見積もりを取ったら8万円するものが。
相見積もりをとって競わせたら約5万4千円になりました。

なぜそんなに安くなったと思いますか?

こちらで書いた方法に気をつけて引越しをすれば引越し費用を安く出来ます。

参考記事:引越し料金を安くする5つの方法

見積もりをとるときは、ネットの見積もりサービスを使うと手間が省けます。

でも、普通はネットの見積もりサービスを使うと、
申し込み直後から電話攻撃がはじまってうっとおしいのです。

ところが、このサービスを使うと自分で交渉をしなくていいので助かります。
出された見積もりをネット上の画面で比較して申し込みするだけです。

参考記事:面倒な交渉から開放される引越し見積もりサービスはこれ

僕はこのサービスで見積もりをとって、
それをもとに二つの業者と交渉しました。

最終的に依頼したのがこちらの業者・引越しのサカイです。

引越しのサカイ

引越しのサカイ

 

ダンボール50個は無料でもらえました。

余談ですが。

競争相手の0123に断りの電話を入れたとき5万円切った額を出して来ました。

相見積もりをとるときは、大手同士を競わせると効果があります。

でも、既に十分安くなってたし。
既にサカイにしよう決めていたし。
何度も交渉するのも疲れてきたので丁重にお断りしました。
まあ、次があるとしたら最後までらくっとNAVIで契約しようと思います。

サカイを使った感想

結果的に、サカイにしてよかったですね。
作業員の働きぶりは要領よくて、傷も付かずに運んでもらいました。
賃貸物件であるということは伝えてあったので、作業は慎重にしてもらえました。

最初は1台の2tトラックで往復する事になってたのですが、
当日はトラックがあいいるというので2台で一度に運んでもらいました。
もちろん値段は同じです。

特にリーダーの人の指示がテキパキとしていて訓練されているという印象を受けました。

冷蔵庫や洗濯機の外側も拭いてもらって、きれいになったのは驚きました。

若い人はちょっとまごつくところもありましたが(新人かな?)
全体的によく訓練されているという印象を受けましたね。

引越し先で「ここにおいてください」「あそこにおいてください」と指示をだせば、
そのとおりにしてくれるので楽です。

引越し作業

もちろん、下請けだからと言って悪いというわけではないのですが。
業者間のレベル差が激しいので、実績のあるところの方が安心感はあります。

他の業者に頼んだときは物が壊れたこともありました。
もちろん。弁償はしてもらいました。
自分の梱包がよくなかったので業者の人だけを責めるわけにはいきませんが。

ただ、繁忙期になると大手であっても下請けの業者を使うことがあります。

そのときは作業者の質が違うこともあるかもしれません。

下請けの人がやっても、トラックと作業員の服装は大手の物を使ってます。
見ただけでは分かりません。

やはり、引越し業者の仕事が少ないときを選ぶのがよいと思います。

 

荷物を新居に運ぶときの注意点

 

引越しの日取りがきまったら。
どこに何をおくか決めておきましょう。

当日、業者さんがまようこともないし。
いちいち支持を出さなくてすむので、
当日の作業が早く終わります。

業者の人も助かります。
なにより自分が新生活を始めるときに助かります。

あとで、家具を動かすのはたいへんなので。
引越しのときにおいてもらったほうが楽です。

ダンボールは全て引き取ってもらいました。
日にちを決めて取りに来てもらうように言っておくと。
無料で回収してもらえます。

 

引越しの見積もりをとるときは、ネットの見積もりサービスを使うと便利です。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

以上、文也でした。

 

こちらもお勧め

引越し・不用品処分のお役立ち情報