楽天市場で得する買い方

rakuten

通販って好きですか?
僕は好きです。よく通販を利用します。
だって、楽だし・・・(笑)

通販にも楽天市場やアマゾンなどいろんな種類がありますよね。
それぞれ特徴があって得意不得意なものがあります。

本ならアマゾン。
日用品は楽天。
ヤフーショッピングは登録はしてるんですけど、ほとんど使ってないですね。
楽天とあつかってる商品がかぶってることが多いんですね。

アマゾンやヤフーで楽天と同じものが売ってたらどうすると思いますか?送料をいれた値段がたいして変わらないなら楽天で買うことが多いです。

なぜかというと、楽天で買うと得する方法を見つけちゃったからです。

アマゾンや他のサイトをメインに使ってる人には、このあとは読む必要はないと思いますが。

「楽天市場を使うことがある」
「メリットあるなら使ってもいいよ」

って思ってる人だけ続きも読んでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

無駄な手数料を払わない方法

代引きは300~500円の手数料がかかる

ところで、楽天市場で買い物したとき。支払いはどうしてますか?

代引き?でもそれってもったいないですよ。
だって、代引きは手数料がかかるんです。

たとえばケンコーコムの場合は324円です。
代引き
2980円以上買い物すると代引き手数料は0円になります。いつもそんなに買うわけじゃないですよね。他の店では手数料が500円というところもあるんです。

探せば代引き手数料が0円のところもあります。でもそのお店に欲しいものあるとはかぎりませんよね。

クレジットカード払いなら手数料0円

でも、クレジットカード支払いなら手数料はかかりません。
どのお店で買っても手数料0円です。

インターネットや通販利用してる人なら、カードを持ってる人は多いと思います。
カードを持ってるのに通販で代引きにしてる人はよけいな手数料払ってることになりますよ。気を付けてくださいね。

カードは心配?

でも、クレジットカード支払いは詐欺にあうのが心配って意見をたまに聞きます。
代引きなら商品と交換でお金を支払うので安心。っていうんですが。

正規の楽天市場のサイトで知名度のあるお店で買うなら詐欺に引っかかることはないと思います。

でも、最近は楽天や有名店に似せて作った偽サイトがあるみたいです。
そこで買い物すると品物が届かないって話は聞いたことがあります。
本物の楽天はグーグル検索やヤフー検索で「楽天市場」で検索して一番上に出てきたやつです。迷ったら検索しましょう。

でも、得体のしれないお店という点では、アマゾンに出てる店の方が結構怪しいところがあったりするんですよね。機会があればアマゾンで役に立つ買い物の仕方も紹介したいと思いますが、今回は楽天の話でしたね。話を戻します。

楽天市場使うならRポイントを有効活用したい

楽天市場で買うときのメリットって何でしょうか?

やっぱりポイントですよね。
楽天市場のポイントはRポイント。すでに知ってますよね。

以前はネットでしか使えませんでした。でも最近は店頭でも使える店が増えてきました。Rポイントは楽天市場でしか使えないから、使い勝手がいまいち。っていうデメリットも解消されつつあります。

楽天市場で買い物をすると普通は100円で1ポイントです。
1ポイントは1円として買い物に使えます。
「ふつうだよ」って思いますよね。

Rポイントを4倍にする方法

でも、楽天カードを使うとポイントが4倍になります。

楽天カードっていうのは楽天の発行してるクレジットカードです。
こういうやつです。

楽天カード

このデザインがダサいからイヤっていう人もいるみたいですが。
ネットで使うから関係ないですよね。
ちなみに僕は店頭でも使ってますよ。僕も最初は違和感ありましたがすぐに慣れました。
以前はニフティカードやジョーシンカード使ってたので大して変わらないですよね。

ポイント○倍の意味

ところで、
ポイントが4倍っていうのはどういう意味かというと。

100円の買い物で1ポイント
それが
100円の買い物で3イント多く付いてくる

っていうことです。

普通にもらえる1ポイント + カード支払いでもらえる3ポイント = 合わせて4ポイント
なんですね。

楽天のサイトにこんな感じで表示さてることがあると思います。
どういう意味なのかわかりづらいですよね。

rpoint

ちなみにこの画面は「今なら4倍ポイントが付くよ」っていう意味です。
赤い部分が自分にあてはまるやつ。
黄色く”+1倍”とか書いてるのは、資格を満たしてませんっていう意味です。

スマートフォンの場合は、アプリから購入するとプラス1ポイントになります。

楽天プレミアムカードならさらに1ポイント付きます。
でも、プレミアムカードは年会費のいるカードなので無理に使わなくていいです。

楽天モバイルっていうのは、楽天がやってるスマホですね。
楽天モバイル使ってる人はあまりいないと思うのでこれも関係ないです。

というわけで。
パソコンから楽天市場を使うとポイントを4倍。
スマホなら5倍にできるんですよ。

1000円買ったら10円のところが50円になるなんて大きいと思いませんか?
実質5%引きみたいなものですからね。

値段+送料が他のサイトと同じならこちらの方がお得ですよね。

楽天のサイトはポイント○倍ってあちらこちらに書いてあって。
いったい何ポイント付くんだよ。ってわかりにくいという意見もあるみたいですが。

カードを使えば4倍。
カードとスマホのアプリを使えば5倍です。

7倍とかいうのは無視してください(笑)。

楽天イーグルス・ヴィッセル神戸の勝った翌日に買う

プロ野球チーム ”楽天イーグルス”の親会社は楽天です。
Jリーグのヴィッセル神戸のスポンサーにもなってます。

なんでこんな話をしたかというと。
楽天イーグルスと、ヴィッセル神戸が試合で勝った次の日は。
ポイントが付くんです。
100円の買い物当たり楽天イーグルスが1ポイント、ヴィッセル神戸が1ポイント。
両方のチームが勝つと2ポイントです。

ただし、楽天のサイトからエントリーしないといけません。
ちょっと面倒ですし、いちいちそんなの気にしてられないよ。
と思うかもしれません。
プロ野球、サッカーは金土日に試合をやってることが多いので。
土日月の買い物にはチェックしてみるのもいいかもしれませんよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

自分が今、何ポイント付くのか知りたい

とはいっても、あなたが今何ポイント付くのか知りたいと思いますよね。

買い物かごの画面で、獲得予定ポイントを見れば。
ポイントが何倍になって、いくらついてるのかわかります。

楽天決済

ちなみに、この画面でわかるのは買い物でもらえるポイントだけです。

キャンペーンにエントリーしてもらえるポイントは表示されません。

キャンペーンでポイントをためる

楽天では時々ポイントが余分にもらえるキャンぺーンをやってるんですね。

楽天カードの会員サイト 楽天 e-NAVI からみることができます。

enavi

このサイトは、会員の手続きとかいろいろできます。

うっとうしいメルマガの解除もここでできます。このサイトを使いこなすと楽天カードの便利さがアップしますね。

常になんらかのキャンペーンをやってます。

楽天市場で買い物する前に一度見ておくと。
お得なキャンペーン情報を見逃さずに済みます。

enaviキャンペーン

ほとんどは、あまり関係のないものが多いのですが。
中には、これはお得。と思えるものがありますよ。
例えば期間中に1000円使用で抽選でポイントがもらえるとか。
期間中にETCを使うとポイントが余分にもらえるとか・・・って。

今気が付いたんですが、このあいだETC使ったのにエントリーするの忘れてました・・・
当然ですが、使った後でエントリーしてもだめです。

少しでもお得に買い物したいならチェックしておいた方がいいかもしれませんね。

楽天カードを使うときに気をつけたいこと

楽天市場をよく使う人にとっては便利なカードですが。
気を付けたい部分もあります。

ETCカードは年会費必要じゃなかった

楽天カードは年会費無料です。
でも、ETCカードは年会費500円(税抜)かかります。

無料のつもりで作っちゃうと後で請求見て驚くことになります。
いらないならETCカードは作らない方がいいですよ。

ETCカードの年会費を無料にする方法はあるのですがそれはまた別の機会にお話しします。

リボ払いは使わない

リボ払いというのは、分割払いみたいなものです。

毎月決まった金額がリボ払いの上限に設定されて、その月には設定金額以上の請求は来ない。
そのかわり、残高は翌月以降に回されます。

毎月の支払額が一定額以下になるというメリットがある反面。
残高があるかぎり、いつまでも払い続けないといけないというものです。
翌月以降に回されたやつには金利手数料が付きます。
だから余分に支払うことになります。

じつはどのカード会社もリボ払いさせることに力を入れてます。
楽天カードのサイト e-NAVI にもリボ払いを促すメッセージが出ます。
明細を見てると表示されてるんですね。

明細

しかも、「もれなく○○○○ポイントGET」なんて表示されてるんですよ。
これでリボ払いにしちゃう人がいるみたいなんです。

ポイントが付いても、金利手数料をとられたら意味ないですよね。
いちどリボ払いにすると解除しない限りずっとリボ払いが続きます。

クレジットカードは一括払いが原則だと思ってます。
それでもリボ払いがいいというなら止めはしませんが。
うっかりリボ払いはしないようにしましょうね。

個人情報が心配?

「クレジットカードを使うと個人情報がもれて心配」
という人は多いです。
あなたもそうじゃないですか?

確かに危険な部分もありますが。
ちょっと気を付ければかなり防げます。

・番号はブラウザに登録しない。

 最近のインターネットブラウザはパスワードやクレジットカードの番号を登録できるようになってます。でも、ブラウザに登録された番号はウィルスに盗まれることがあるので、ブラウザには登録しないようにしましょう。

・暗号化されたサイトのみ使用する

カードの番号、個人情報を暗号化して外部からはわからないようにするシステムがあります。
SSLといいます。楽天市場もSSLを採用してます。クレジットカード決済に対応してる店なら、どのお店から注文してもSSLで暗号化されて処理されます。

個別にやってるネットショッピングではSSLを導入してないところもあるので、対応してる大手の方が安心感はあります。

個別のショップには番号が伝わらない

楽天市場に加盟してるショップは楽天市場の用意したシステムを使用するようになってます。入力されたクレジットカード情報は楽天市場が管理してます。
個別のお店では誰がいつ何を注文したかという情報はわかりますが。クレジットカードの番号まではわからないんですね。
だから個別のショップからカード情報が洩れるということはないんですよ。

個人の名前、住所が洩れる可能性は代引きやコンビニ決済でも同じです。

まとめ

いかがでしたか?

クレジットカードの使用には注意しないといけない部分もありますが。
うまく使えば便利な買い物方法です。

とくに楽天カードを使って楽天市場で買い物すると。
ポイントがたまりやすいです。

1000円の買い物で40円、50円分のポイントが付きます。
キャンペーンも利用すればもっとお安く購入することもできますね。

⇒ 楽天カードのサイト

今なら入会して使用したら5000ポイントの付くキャンペーンやってますね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする