ゆうちょ銀行を装う詐欺メールに注意

ゆうちょ銀行を装った詐欺メールが届きました。

郵貯からは不審なメールがあるとの情報は得ていましたが。
自分のところにも来るとは。

詐欺メールの内容と注意点を紹介します。

これが今回みつかった詐欺メールです。

ゆうちょ銀行
 
 このメールは登録パスワードを変更された方へのメールです。
 
 ===============================================
 確認のためにメールを送信しています。
 お客さまご自身で変更した場合は、このメールを無視しても問題ありません。
 
 お客さまご自身で変更していない場合は盗用の可能性がございます。
 至急以下のURLをクリックしてください。
 (PC?スマートフォンからご利用ください。)
https://www.jp-bank.japanpost.jp//idinforeset/changelink.nhn?prm=R2f4thQReL91Td_CUaqNb7bismXy3rNoEqVinBRmwJ-QHg6pn9FIz4OPR0jimL_WecGS–F9n5sQAKY6yS_bs8fbsGa5gzWNZzIsh-UnRv8

 
 
 ※このメールアドレスに返信頂きましても、ご返答はできませんので、
 お問い合わせはヘルプのサポートフォームよりお願い申し上げます。

 URL : https://yucho-moneyguide.jp/otoku/toshin-cp2016/

  今後ゆうちょ銀行もをよろしくお願いいたします。

 —————————————————————
  ゆうちょ銀行について

    URL : https://www.jp-bank.japanpost.jp/index.html

以上です。

ゆうちょを利用していない人なら関係ないので、最初から無視するでしょう。

でも、ゆうちょを利用している人は次のことに注意すると偽メールというのが分かります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ゆうちょを装う詐欺メールの注意点

パスワードが洩れたと不安をあおる

パスワードの変更をしたことになってますが。
変更していない人にも届きます。
とうぜん。
「あれ、変更してないけどなにかの間違いかな」
と思いますよね。
そこで、

盗用の可能性がございます。

と書いて、詐欺のサイトに誘導するのです。
これが狙いなので、このメールのアドレスにアクセスしてはいけませんよ。

ゆうちょっぽいリンクはダミー

リンクを見るといかにもゆうちょ銀行のように思えますよね。
でも、表示されているのはダミーのURL。
実際にはまったく違うページに飛ばされます。
だから、リンク先がゆうちょのアドレスの様に思えても、アクセスしないで下さい。

差出日が遅い

このメールが届いたのは4月なんですが。

発進日時が2月になってるんですね。
電子メールが、2ヶ月もかかるなんてことはありませんよね。

登録していないアドレスに届く

アドレスがひとつしか持ってない人は分かりづらいかもしれませんが。
複数のアドレスを使い分けてる人だと、
ゆうちょに登録しているのとは違うアドレスにも届きます。
いくらゆうちょでも、知らないアドレスにはメールは出せません。

気をつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする