クレジットカードの署名と暗証番号・安全なのはどっち?

クレジットカードの悪用が相次いでいます。

店頭で買い物するとき。
レシートに署名する方法と
機械を使って暗証番号を打ち込む方法。
二つの方法がありますよね。

安全性に違いがあるって知ってましたか?

どちらの安全性が高いのでしょうか?

 

クレジットカードの署名と暗証番号、安全性が高いのはどっち?

 

ccard3

 

署名というのは、レシートや紙に名前を書く方法。

筆跡は個人で違いますから、
安全性が高そうに思えます。

でも、クレジットカードの利用では。
署名は安全性の高さには関係ありません。

だって。
筆跡鑑定なんかしてないんです。
単に利用しました。
という確認です。

だから他人があなたの名前を使って署名しても問題なく買い物できます。

 

number

 

それに対して、
暗証番号はお店の人にはわかりません。
端末に入力した暗証番号は
通信回線でカード会社に問い合わせしてるからです。

暗証番号を他人に知られれば意味はありませんが。
書名よりは安全性は高くなります。

 

安全性が高いのはICチップ付き

楽天カード

 

カードの記録の仕方でも安全性は違います。
最近はICチップの付いたカードも増えています。
古いカードは磁気式です。

ICチップにはカードの情報が入っています。
ICチップの情報は暗号化されています。

磁気式のカードは暗号化されていません。
読み取り機があれば情報を読み取ることはできます。

万が一、店頭で情報を抜き取られても。
暗号化されていれば、
悪用される危険性は少なくできます。

 

 

 

カードを作るときはICチップつきのものにしましょう。
お店で買い物するときは、できるだけ暗証番号を使うようにしましょう。
署名だけのところは、できるだけ利用しないようにしたいですね。