治療に8ヶ月かかる咳喘息

大人になって喘息になってしまいました。

といっても咳喘息です。

喘息の一歩手前の症状ですね。

咳喘息について関心のある方はこちらを見てください。
長引く咳は咳喘(ぜんそく)の危険

軽いとはいっても喘息予備軍です。そう簡単には治りません。

定期的に病院通いしています。

 

咳喘息の治療は根気よく

 

最初に病院に行ったのが2015年6月。もう8ヶ月近く病院通いしていることになります。

それだけ喘息の治療には時間がかかるということですね。

治療を続けている甲斐もあって、今ではほとんど咳は出なくなりました。

最初は、一日中咳き込んでました。特に夜は酷くて、寝ている最中に咳が出て一時間くらい寝られないこともありました。

最初はただの風邪かと思ってましたが、あまりにも酷いので病院に行ったら咳喘息と診断されたんですね。

今の時期なら風邪の症状も出る人は多いと思いますが。

1ヶ月も続くような咳は、咳喘息を疑ったほうがいいかもしれません。

治療と言っても、薬を処方してもらって飲んでるだけ。

幸いにも飲み薬でよくなりました。酷い人になると吸入薬をつかうようです。

喘息(ぜんそく)に使う薬

 

僕の場合、主に二種類の薬をつかいました。
基本的には喘息の治療につかう薬と同じですが、咳喘息の場合は処方量が少なくなります。


アレルギー症状を抑える薬。

シングレア錠(一般名:モンテルカストNa錠) 
1日1回服用、ジェネリックがなくて高価な薬なのが難点。

プランルカストカプセル(一般名:プランルカストカプセル) 
1日2回服用、シングレアと効果は同じだといわれてますが、こちらの方が安いです。

 

気管支を広げる薬

気管支を広げて呼吸を楽にする薬です。
気管支や肺血管を広げたり、呼吸を調節する脳神経に働きかけて喘息の症状をおさえます。

テオドール100mg(一般名:テオフィリン徐放錠)
1日2回服用

テオフィリン徐放錠U200mg(一般名:テオフィリン徐放錠)
1日1回服用、ジェネリック

 

治療薬の移り変わり

 

薬

6月 

シングレア、テオドール
 シングレアは確かによく効きました。

1週間後

プランルカスト、テオドール100
 でも高価なので医者の判断でプランルカストにしました。

2週間後

シングレア、テオドール100
 プランルカストの効き目はシングレアとあまり変らない人もいるみたいです。
 僕の場合はちょっと効き目が弱かったです。
 なので、シングレアに戻しました。

4週間後

シングレア、テオドール100
  効き目良好。引き続きシングレアを飲むことにします。

4週間後

プランルカスト、テオドール100
 せきもあまり出なくなったので再びプランルカストに変えました。

4週間後

プランルカスト、テオドール100
 あまり咳も出なくなりましたが、様子をみます。

5週間後
 テオドール100
 症状がよくなってきたので、薬を減らすことになりました。
 アレルギー薬をやめました。

5週間後
 テオドール100
 引き続き経過観察。

6週間後
 テオフィリン200
 1日1回ですむタイプに変えました。

6週間後
 テオフィリン200
 ほとんど咳は出なくなりました。

 

その後も、テオフィリンのみの治療が続いてます。

最初はどうなることかと思いまいたが、改善されるものですね。

でもまだ薬は飲んでます。

完全に治るのはいつでしょうか。

 

アレルギー検査もしてもらおう

 

喘息の治療を受けたら、ついでにアレルギーの検査をしてもらうといいです。

自分が何のアレルギー体質なのか分かります。
自分で思ってるよりたくさんのアレルギー物質に反応していることがあるかもしれませんよ。
僕の場合は、花粉症もないしアレルギー体質ではないと思っていました。

でも検査をしたら、立派な?アレルギー体質でした。
単にスギ花粉に反応しないだけなんですね。

アレルギー検査

 

ところで、

最近はインフルエンザと花粉症で病院が込んでるので待たされるようになりました。

僕の通ってるアレルギー専門内科は人が多くなりましたね。
花粉症のせいでしょうか。
初診の人が多いみたいで診察に時間がかかってる人が多かったです。

夏場は予約時間より早めに行っても診察してもらえました。
今は予約しても30分以上遅れました。

今の季節は仕方ないですね。

 

新薬が試せる?

 

ところで、
新しい喘息の薬が試せる方法があるんです。
治験ボランティアというやつです。
新薬の効果を確かめるための実験台ですね。
といっても安全性は保障されているので恐がることはありません。
どのくらい効くか?というのを調べるんです。
ただで新薬が試せるんです。
入院しなくても通いながらでも出来るので、
働きながら治験ボランティアすることも出来ます。

「喘息治験ボランティア募集開始」

 

残念ながら、現在ステロイド系の喘息薬を使ってる人対象です。
ぼくはそこまで酷い症状ではなかったので、
受け付けてもらえませんでした。

今、ステロイド系の薬を使用している人で、
もっと効果的な薬を試したい。
という方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。