わいろちょこ をもらいました

「わいろチョコ」というものがあるようです。

お金の形をしたチョコレートです。
以前からお金の形をしたチョコレートはありましたが。それを賄賂という形で売るとは面白い。もらった方も笑ってしまいますね。

こんな愉快なものがあるとは驚きました。

わいろちょこをもらったときの様子を再現したので報告します。

 

わいろちょこを

先日、妻からプレゼントをもらいました。

 

弁当箱サイズの風呂敷包みです。

「あけてみて」と、いわれるがまま開けてみると。

なんと風呂敷の中から出てきたのは怪しげなパッケージ。

わいろチョコ

桐箱をイメージした箱には、紅白の結び。
明らかに「贈り物」の
のし紙には、顔を隠す武士と町人らしき人物が描かれています。
時代劇でおなじみ、代官と商人ですよね。

パッケージの文字はちょっと読みにくかったけど「わいろちょこ」と書かれてます。

水引をいめーじしたごむひもを外すと、桐箱が出現。
発泡プラスチック製の箱ですけど木目が入ってるのでリアルです。なんだか弁当箱みたいです。

フタを開けてみると。

まんじゅう?かな?
一瞬、焼きおにぎりかと思いましたけど。
定番だとまんじゅうですよね。

わいろちょこ

 

でもよくみると、まんじゅうは写真。

写真をのけるとそこには。こばん・・

わいろちょこ

じゃなくて札束?

それもすごい量入ってます。

こんなに札束あったらいいですね。
夢のようです。

わいろとょこアップ。
ひとつひとつは実際のお札の半分くらいの大きさです。

わいろちょこ

本物のお札に比べると肖像画の目つきが悪いような気が(笑)

大人銀行ってどこ?
そういえばおもちゃのお札に子供銀行券って書いてるのありましたね。

でもよくできてる。

なかのチョコレートにもお札の模様が!

おさつちょこ

芸が細かいです。

チョコレートのデザインは全て「壱万円札」です。
野口英世や樋口一葉のパッケージでも中身は全て福沢諭吉。

いやー、おろどきましたね。

チョコレートはミルクチョコレートの味。でもそんなに甘すぎない。
意外とちゃんとしたチョコレートの味でした。

おいしかったです。

風呂敷は100円ショップで買ったものなので別売り。あとで返してと言われました。

もともと「わいろちょこ」は10個いりだそうです。

別売りのセットがあったのでそれを買って入れたとのこと。

それにしても手が込んでる。恐れ入りました。

 

楽天で調べたのですが、もらったのと同じものは見つかりませんでした。
売り切れたのでしょうか。

もともとのイメージはこんな感じかな?

 

今となっては商品もみつからないのでわからないですが。10個いりだとこんな感じになりそう。

 

現在は現代風の賄賂チョコが売ってます。

中に入ってるチョコは同じものみたいです。

賄賂(ワイロ)おもしろチョコ(楽天)

 

会社の宴会の余興にいかがですか(笑)