人材銀行がなくなる

人材銀行をご存知ですか?

僕が探しているのはかなり専門的な仕事なのです。
普通に探してたのではなかなかありません。

しかも、いくつかの会社で働いてるとこういう会社は嫌だなというのがわかってくるんですね。
ますます慎重になってしまいます。
僕の場合、専門職を希望しているのでよけいに間口が狭いです。研究者とか技術者とかですね。

そんな人むけに「人材銀行」があるというのを聞いたのですが。

でも、もうなくなるそうです。

 

人材銀行とはなに?

人材銀行というのは厚生労働省がやってる就職者支援のための活動です。

東京、埼玉、名古屋、京都、大阪、福岡
全国に六ヶ所あります。
かつてはホームページもありましたが、もうやってません。

民間に似たような名前の会社がありますが、それとは別ものです。

ハローワークよりも専門的な技能を持った人の就職相談に強いんですね。
40歳以上の管理職、専門職、技術職に特化した就職支援を行っています。

でも、人材銀行は平成28年3月31日で廃止になるそうです。

すでに廃止になりました。

でも、なんでなくなったの?
今さら意味はないけど、気になったので人材銀行がなくなったわけを調べました。

 

人材銀行が3月31日で廃止になった理由

実は人材銀行については思い当たることがあったので、厚生労働省のHPを見てたら載ってました。かいつまんでお話ししますが、難しいお役所文書でも読みたいという方はどうぞ。
 厚生労働省・労働政策審議会 (職業安定分科会)

簡単に説明すると、
厚生労働省の事業見直しでなくなるんですね。

民主党政権時代の事業仕分けでやり玉に上がって潰されたみたいです

民主党政権はもう潰れてますが、
国会で法律を改正してハローワークで引継ぎして、手続きやらをいろいろやってたら今になったみたいです。

たまたま廃止の期限が今になったということですね。

今後はハローワークが業務を引き継ぎ、ハローワークの持つ情報が民間職業紹介業者にも提供されるそうです。

「人材銀行の役目は終わった」
ということみたいです。
ものは言いようです。

「ハローワークがあるのになんで似たような仕事をしている役所があるんだよ」
ということで、なくしてしまえということになったのでしょう。

本当に就職支援が充実するならそれでもいいんです。
でも民主党は目先の予算を削ることしか考えてなかったので、あとはハローワークと民間に丸投げ。

民主党の支持率を上げるショーのネタにされたわけです。専門職や中年の就職希望者はどうでもいいということみたいです。それに引っかかって民主党をもてはやしているマスコミや国民がいましたね。もうどうでもいいことですが。

代わりの職業案内所はあるの?

じゃあ、ハローワークに行けば専門的な仕事がみつかるのでしょうか。
4月に入って実際にハローワークでたずねてみました。

「人材銀行からの業務移管はしていない」ということでした。

話が違うような・・・
単に人材銀行がなくなっただけなんですね。

結局、ハローワークの職業案内では専門技能を生かした再就職って難しいです。

民間の力を活用って・・・いい響き。
なのかな。
ものにもよると思います。

結局、ハローワークの人にも民間の職業案内の利用を勧められました。
ハローワークって専門的な仕事はあまりないらしいのです。

専門的な仕事・管理職の仕事は民間の転職サービスの方が充実してるそうなんですね。

転職サービスは今までも利用したことはありましたが。ついでに登録してるって感じで、積極的に活用はしてなかったんですね。これまで以上に活用した方がよさそうだと思いましたよ。

というわけで、あらためて民間の転職サービスを探すことにしたのでした。

 

民間の職業案内を利用しないといけない時代?

とはいっても、転職サービスも得意不得意があるようです。あつかってる企業も全然違ったりします。いくつか登録して自分に会った企業を探した方がいいですね。

まずは企業の口コミが充実しているとネット上で話題になってたのでキャリコネという転職サービスに登録しました。

キャリコネ転職サービスに登録して企業の口コミを見ましたその評判は?

 

他にも転職サービスはあります。無料で使えるのでいくつか利用してみるのもいいと思います。

無料で利用できる求人サイトまとめ

 

転職関連の記事

転職・就職活動のお役立ち情報