中途採用者が4月までに転職先を決めた方がいい理由

4月は新生活が始まる月。新社会人ならあたりまえ。でも転職するにしても4月入社ってきりがいいのでお勧めなんですよ。

もちろん、いつ転職するかは自由です。でも、僕自身の転職経験から思ったのが、転職するにしても4月入社っていいな。ってこと。

採用する会社の方も4月を超えると採用意欲が衰えるんですね。だから4月まで内定をもらっといた方がいいです。

なぜ転職組でも4月入社はメリットがあるのかお話しします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

転職者でも4月入社がいい理由

区切りのいい月は会社を辞めやすい

日本の多くの会社では4月から3月がひとつの年度です。3月は期末ですね。4月から新しい年度が始まります。

ということは、会社の年度計画では3月でいちおうの区切りをつけるということです。もちろん年度をまたいで仕事することは多いです。その場合でも年度代わりで区切りをつけて途中経過をまとめたり、計画に見直しはないか検討したりします。

仕事に区切りがつくということは、人の出入りも出てきます。ということは3月で区切りをつけて会社を辞めるのはわりと辞めやすいんです。会社も年度の途中で辞められるのは嫌がります。あるていど区切りをつけてからにしてほしいと引き留めがあることが多いです。だから年度代わりというのは絶好のタイミングなんですね。

最近は9月が年度終わりで10月から始まる会社もあります。外資系では多いかもしれません。日本の企業でも9月しめの会社はあります。その場合は9月まで働いて10月からは出社しない。ということにすれば辞めやすいです。僕も他の会社に勤めたときは9月で辞めたことがあります。

採用される可能性が高くなる

会社では新年度を始めるために人材を求めています。そのため4月までに人材を確保しておこうとします。年明けから3月の間は求人数が増える傾向にあります。求人数が増えるということは採用される可能性が高いということですね。

逆に4月に入ると新人教育で忙しくなるります。すると中途の採用を出すのは控えようという会社が増えます。中途採用で採用を目指すなら3月までに決めた方がいいんですね。僕の場合も出社したのは4月に入ってからですが、求職活動は2月から初めて3月中に合格通知をもらいました。

似たような傾向で10月から新年度が始まる会社では9月に採用数を増やす会社も多いです。

新鮮な気持ちになれる

転職というと、いまだに後ろ向きなイメージを持つ人がいます。でもそんなことはありません。終身雇用が崩れ転職は当たり前になってきました。

とはいっても、後ろ向きな気持ちになってませんか?いきなり新しい職場に入ると、受け入れる方も戸惑いますよね。もちろん人手が足りないから来てほしいというときは、途中入社でも歓迎されます。

でも年度代わりの入社はわりとすんなり、新しい会社に入っていけます。

4月になるとたいていは新入社員が入ります。会社も新人が来るというつもりになってます。職場も新人を受け入れる体制になってます。社員教育や研修のスケジュールもそのつもりで組んでいます。

中途採用者が多少まぎれていてもついでに入れてもらえることもあるんですね。ちなみに僕は新入社員と一緒に入社式に出ましたよ。研修も途中までは新人たちと一緒でした。一回り以上若い人たちと一緒に研修を受けるのはちょっと恥ずかしかったですが新鮮でしたね。自分も若くなった気分になります。

もちろん、中途採用は途中から専用の研修が組まれていたり、いきなり職場に入ったりすることもあります。でも、もう一度初心に戻った感じがして新鮮でしたよ。年度の途中ではいるとこんな感覚は味わえませんね。

プレッシャーが減る

新入社員が多いということは社員の人たちも「どんな新入社員がくるのだろう」って関心がそちらにいってます。少しくらい中途採用者がいてもあまり目立ちません。ところが、年度の途中で一人だけ入ると凄く目立ちます。注目度が高いとプレッシャーになるんですね。

中途採用者は即戦力が求められます。ただでさえプレッシャーのかかる立場です。少しでも余計なプレッシャーがかかるのは避けたい人には、年度が変わって入社するのは向いてると思います。

求人情報は見逃さないように

原則として中途採用者は新卒と違っていつ入社してもいいんです。会社としてはすぐに来てほしいから入社月を限定したりはしません。でも時期によって採用されやすかったりされにくかったりします。

転職する場合でも、普通は入社が決まるまでには2~3か月はかかります。求人数には増減がある。転職には時間がかかる。ということを考えると、4月に新生活を送るなら年明けから求職活動を始めた方がいいことになります。2月から始めても急げは間に合うと思います。

短期間で求人情報を見つけるためには、仕事を探す手段は多い方がいいです。ハローワークや求人雑誌を調べるのもいいですしネットで探すこともできます。

現在では求人サイトも多いのでいくつか登録して情報収集すれば情報を見つけやすくなります。

無料で利用できる転職サービスでよさそうだなと思ったものをいくつか紹介しておきます。

 〇 無料で利用できる求人サービスまとめ

もちろんどんな方法でも仕事先がみつかればそれでいいですよね。ネット利用も手段の一つくらいに思えばいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする