40代・50代で転職に失敗するのはこんな人

40代、50代(ミドル層)の転職には若い人の転職にない苦労があります。
若いころの様に気軽な気持ちで転職すると後悔します。

その一方で、役に立つミドル層が不足している会社もあります。
バブル崩壊後、採用を控えた企業は。
今、有能な管理力の不足に悩んでいるのです。
今後、会社に不要と思われたミドル層のリストラは進む一方で。
有能なミドル層は奪い合いになるといわれています。

そんなミドル層が転職に失敗しないためのコツを考えてみましょう。

 

40代、50代の転職で失敗するパターン

 

年収アップだけを目的にしない

 

厚生労働省平成26年上半期雇用動向調査結果の概況によると。

転職後の収入変化はこうです。

 増えた : 37.3%
 変らない: 29.4%
 減った : 32.2%

増えたのは4割弱。それ以外の人は現状維持か減ってます。
よほどの専門的能力、売り込める能力があれば別ですが。
単に収入に不満を持っての転職はやめたほうがいいです。

ただし、中小企業はもともと賃金水準が低いので。
転職サービスなどを使って規模の大きな会社に転職すると、
収入があがる可能性は高くなります。

 

 

本当に転職すれば解決する問題なのか

 

転職する前に
今の職場で我慢ができないと思っても。
意外と他の会社でも似たようなことは起こります。

 

今の不満だけにとらわれない

 

今の会社に不満があると、
「同じ不満を繰り返したくない」
という気持ちが働きます。
仕事を探すときも不満を解消することを強く意識します。
でも、次の会社では違った不満が出てくるかもしれません。

現在不満に思っている内容を調べるのは大切ですが、
他の項目も調べましょう。

 

自分の能力を過大評価する

 

自分には長い勤務実績がある。
経験がながいから能力もある。

と思っていても。
採用がわからしたら特に魅力を感じないということはあります。

自分がどんな仕事をして、
どんな成果を出してきたのか。
紙に書いて整理してください。
自分を客観的に判断する材料にできます。

応募しようとする会社の業務内容や求人情報と比べるのです。
この会社なら自分のこの実績がいかせる。
という部分を探すのです。

それでも分からないときは転職エージェントを利用します。
第三者の立場からアドバイスがもらえます。

条件にあわないのに無理に応募する

 

40代、50代は20代の若い人と違って、応募案件が少ないです。
多少、応募内容が自分の希望と違っても無理して応募する人がいます。

合わない仕事を選んだために、仕事ができず。
転職に失敗したと思ってまた転職をする。
負の連鎖の始まりです。

妥協することは必要ですが。
このさき10年、20年その仕事を続けられるのか。
応募する前によく考えてください。

 

企業がどんな人材を募集してるのか理解する

募集要項や、求職票を見て。
企業がどんな人を求めているのか確かめてください。
自分は最前線で働きたいのに、会社は管理職を求めていた。
なんてこともあります。
特に40代、50代に会社が求めるのはマネジメント能力が多いです。

逆にマネジメント能力があれば業種が違ってもカバーできることはあります。
自分には専門技能はないからといって最初から諦めることはありません。
求人情報だけで分からなければ、転職エージェントを利用しましょう。
実際に面接を受けて企業が何を求めているのか確認することも有効です。

情報収集

求人情報の8割がインターネットから得られるといわれています。
ハローワークや新聞、求人広告、求人誌から得られる情報も貴重ですが。
はるかに多くの情報がインターネット上にあるのです。

よい転職先を探すには、多くの情報源があったほうが有利だということはお分かりになるでしょう。
転職しようかな。
と思い出したらできるだけ多くの人材会社に登録して、
情報を集めましょう。
それで今の会社以上に魅力的なところが見つからなければ、
今の会社で働くという選択肢もあります。
つまり選択肢をできるだけ多く持つのです。
人材会社への登録もその選択肢の一つに過ぎません。

 

関連記事

転職・就職活動のお役立ち情報